京都府宇治市を旅する際の楽しみ方について

京都府宇治市の位置や歴史

宇治市は京都南部の都市で、北側は県庁所在地の京都市と接しています。そして、東海道・山陽新幹線の停車駅である京都駅からJR奈良線に乗車した際は所要時間はわずか25分です。そんな宇治市は隣接する京都市が日本の中心地であった平安時代には貴族の別荘地として繁栄していました。また、緑茶(宇治茶)の生産地としても大変有名です。

10円玉に描かれている平等院の鳳凰堂

宇治市中央部のJR宇治駅付近に位置する平等院は京都府を代表する人気観光地となっています。何故なら、国民が日常的に使用している10円玉には、平等院内の鳳凰堂という建物が描かれているからです。そして、毎日たくさんの人が有名な鳳凰堂を見物しに平等院までやって来ます。実際に近くで見る鳳凰堂の外観・デザインは見事な完成度で、訪れた人を魅了してきました。宇治市を初めて旅行するにあたって、どこに行ったらいいかわからない場合は、是非こちらに行ってみてください。

平安時代のベストセラーに関するスポット

平安時代に別荘地であった宇治市は、平安時代に当時の女流作家が作ったベストセラー小説の舞台となっています。そして、宇治駅の約300m東には、この作品に関するミュージアムがあり、観光客の間で大人気です。館内では模型にて作品内の名シーンが再現されているほか展示物を通じて作品の事を深く学ぶことが出来ますので、文学ファンのかたには特におすすめのスポットと言えます。

宇治川沿いには茶屋がたくさん

JR宇治駅のそばを流れる宇治川沿いにはたくさんの茶屋が出店しており、中には川を眺めながら飲食できる店もあります。なお、宇治茶の産地だけに様々な抹茶系のメニューが提供されているのがこのエリアの茶屋の特徴です。

アドドドヴェンチャーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です