古都・奈良市を旅する際のおすすめスポット

奈良県奈良市の歴史について

奈良市は奈良県の北部に広がる自治体で、中央より西側には平地が広がっている一方では東部には山地が広がっています。西部の平地エリアはかつて日本の中心地として栄えていた時期もある場所で、関西地域の中では京都と並ぶ世界的な観光地です。なお奈良県には新幹線が通っていないため関東や西日本・九州地方からはアクセスしづらいと誤解をしている人もいるものの、京都駅から近鉄京都線特急で55分で到着します。そのため、遠方からでも1泊すればかなり充実した奈良旅行ができます。

一番の名所は奈良公園

京都市内にはたくさんの有名観光スポットがありますが、特に有名であるのが奈良駅の約2km東に位置する奈良公園です。こちらの施設の中央部にある大仏殿には世界的な人気を誇る巨大な大仏があり、訪れた人達を圧倒します。また、山の中にある公園ではありませんが園内にはたくさんのシカが生息しています。一般の野生のシカは人間を極度に怖がって近づくと逃げてしまいますが、観光客慣れした奈良公園のシカは餌を持って近づくと、その餌を食べてくれます。野生のシカを至近距離で観られるチャンスというものはなかなかありませんので、この公園は動物好きのかたにもおすすめです。

繁栄の礎となっている平城京の跡地

奈良駅の西側には、この市の今日の繁栄の礎となっている奈良時代の都・平城京の跡地があります。こちらには復元した様々な建物がありますが、北側の第一次大極殿という巨大な建物からはパノラマの絶景を楽しむ事が可能です。その他、敷地内の復原事業情報館では展示物などを通じて当時の人々の建築技術の高さなどを知る事ができます。

アドドドヴェンチャーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です