愛媛の松山を観光するなら、この3つのスポットがおすすめ!

1.松山のシンボルといえば、このお城!

古くより城下町として栄えてきた松山。そのシンボル的な存在である「松山城」は、市内観光で必ず訪れたいスポットです。1602年(慶長7年)に築城された歴史のある平山城であり、複数の櫓や城門さらには大天守など、21もの建造物が重要文化財となっています。特に大天守については、国内に現存する12天守のうちの1つとして知られます。また城郭そのものが、国の史跡にも指定されています。この見ごたえのある魅力的なお城へは、ロープウェイでアクセス可能です。標高約132メートルの山頂へ向かう車窓からは、松山市街や瀬戸内海の眺めも抜群です。

2.日本最古の温泉地を象徴するスポット!

松山にある温泉といえば、何といっても道後温泉。聖徳太子ともゆかりのある日本最古の温泉です。その温泉地を象徴するスポットが、「道後温泉本館」。夏目漱石の作品「坊っちゃん」にも登場した、風格のある近代和風建築は、国の重要文化財に指定されています。また、2009年ミシュランガイドの2つ星にもランキングされました。もちろん公衆浴場としても現役で営業が続いており、4つのコースから入浴を楽しむことができます。

3.美しいガラス工芸の数々を堪能!

道後温泉本館から3分ほど歩くと、赤と黒をベースにしたモダンな造りの建物が見えてきます。それが希少なガラス工芸の展示で知られる、「道後ぎやまんガラス美術館」です。「ぎやまん」や「びいどろ」と呼ばれる江戸時代の作品をはじめ、明治から大正にかけての和ガラス作品など、西日本最多の約300点もの展示数を誇ります。またガラスと水によるオブジェを活かした、こだわりの庭園も魅力的。特に夜間のライトアップから生まれる、幻想的な世界は必見です。

アドドドヴェンチャーがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です